MENU

住み替えの際に依頼する不動産屋の選び方とは?

皆さんがマンション売却することになったとした場合、どのような方法で売却することを考えるでしょうか。

 

もちろん全て自分で行なうということも不可能ではありません。

 

しかし、大きな金額を取り扱う契約となりますし、素人の我々にとっては難しい部分がたくさんありますし、万が一トラブルとなった場合でも、個人売買であれば自分で対処していかなければなりません。

 

また、一から買い手を探すとなれば、多大な時間と労力がかかってしまいます。

 

そこで、ほとんどのケースでは、マンション売却のプロである不動産業者に仲介してもらうという方法を取ることになると思います。

 

現在では、ほとんどの業者やマンション売却を取り扱っているので、仲介業者がなかなか見つからないということで困ることはないでしょう。

 

しかし、どこの仲介業者でも良いというわけではありません。

 

大手の業者から地域密着の小さい業者までいろんな規模の業者がありますし、その業者の能力や経験、対応の仕方によって、早く売却することができたり、売却額が変わったりするものなのです。そこで経験が豊富で対応も良い仲介業者を選んでいきたいところですが、どうやって見分ければ良いかわからないと思う人もいるでしょう。

 

しかし現在では、ネットで調べてみてば、業者の口コミなどをチェックすることが出来ますし、実際に複数の業者に問い合わせや相談をしてみて、その時のスタッフの対応を見てみるというのも、良い判断材料になると思います。

 

不動産屋に依頼する際に気をつけるべき注意点とは?

現在ではインターネットの普及によって、様々な情報を得たり、自ら発信することが出来るようになりました。

 

最近ではマンション売却を行なう場合もネットを利用して個人で売るということも可能になりました。

 

そうはいっても、不動産や大きな金額を扱うことになる契約など、個人で行うには非常に難しいものとなります。

 

よって、多くの人が不動産業者に仲介をお願いすることになると思います。

 

やはり、マンション売却のプロフェッショナルである不動産業者に仲介してもらったほうが、早く買い手が見つかる可能性が高いですし、契約などもスムーズに進めていくことができます。

 

不動産業者にマンション売却の相談をして仲介してもらうことに決めた場合には、その業者に仲介を依頼しましたよ、という契約を結ぶことになります。

 

実はこの契約にいろんな種類があることをご存知でしょうか。その契約の中で最も多くの人が選ぶ契約が一般媒介契約という契約です。

 

一般媒介契約の最も大きな特徴は、その不動産業者と契約を結んだとしても併用して他の不動産会社とも契約を結ぶことが出来るということです。

 

一つの仲介業者だけにお願いしているよりも複数の業者にお願いするほうが、多くの人に目が止まる可能性が上がり、その結果、買い手が見つかる可能性が高くなります。

 

しかし、他の業者でも取り扱っている物件ということで、業者はコストを抑えるという目的から積極的に販促されないというケースも少なくないということも知っておくと良いでしょう。